会社案内
会社概要
会社名 一文機工株式会社
本社所在地 〒121-0836 東京都足立区入谷7-13-8
TEL 03-3897-4001
FAX 03-3897-9257
代表メールアドレス info@ichimon-kiko.co.jp
設立 昭和63年 6月 1日
代表取締役 増田 文一郎
従業員数 8名
資本金 5,400万円
事業内容 電気機械、器具の開発・設計・製造・販売および輸出入業務
 主要製品:デッキプレート用スタッド溶接システム
        24時間換気システム
        ピン溶接機、多機能蓄電システム
企業内容 新商品研究開発のベンチャー企業で、量産は協力企業に委託
会社沿革
1985年  4月 15日 一文空調を設立
1988年  6月  1日 一文機工株式会社に組織変更
2006年  4月 24日 新社屋落成 本社を入谷7-13-8へ移転
2007年 11月  4日 韓国仁川大学と技術提携
2008年  2月 20日 実験棟落成
2008年  3月 10日 韓國一文株式会社(本社:韓国仁川市仁川大学内) 設立
2008年 10月 16日 一文韓國株式会社(本社:韓国仁川市) 設立
2011年  7月 21日 韓国産業団地公団と技術交流締結
2012年 12月  3日 足立ブランドに認定
  現在に至る
施設紹介
一文機工株式会社 本社ビル外観
各アイコンをクリックすると詳細画像が表示されます
屋上緑化
地熱回収タンク
エントランス
植竹緑化
実験棟
開発棟
日韓技術交流会 調印式
調印書
仁川大学
仁川大学
FTAC
足立ブランド足立ブランド
引張り試験機引張り試験機
開発製品の沿革
出願日 名 称
平成25年  6月 交差連結金具
平成23年 11月 引張り試験機
平成23年  8月 スタッド溶接ガン用冶具
平成23年  2月 スタッド溶接ピン
平成22年 12月 スタッドピン
平成22年  7月 空気清浄装置
平成22年  4月 スタッド溶接ピン
平成21年 11月 配管用熱膨張性被覆材
平成21年  3月 二重管用防火ダンパー
平成20年  1月 歯根治療用消毒剤
平成18年 12月 スタッド溶接ピン
平成18年 12月 スタッドピン
平成18年 12月 スタッド溶接機
平成18年 12月 スタッド溶接装置
平成18年  6月 スタッドガン
平成17年 11月 水酸化カルシウム粒
平成17年  8月 低周波電流式船底防汚システム
平成17年  3月 水酸化カルシウム棒
平成16年  5月 携帯用超音波発生装置
平成14年  2月 二重管用給排気装置
平成13年  8月 スタッド溶接方法及びスタッド溶接装置
平成13年  5月 二重管用の内管保持具
平成13年  3月 二重管と二管路管との継手管、二重管用ベントキャップ 及び二重管用防火ダンパー付きベントキャップ
平成12年 12月 温度ヒューズ装置
平成12年  7月 二重管通気ダクト
平成12年  5月 防火ダンパー付き二重管ダクト用ベントキャップ
平成12年  4月 二重管用防火ダンパー
平成12年  1月 二重管ダクト用ベントキャップ
平成11年  8月 表面に塗装層が形成された母材にピンを溶接する方法 及びそのためのスタッド溶接装置
平成10年  2月 スタッド溶接装置の電極
平成10年  1月 支持具等
平成 9年  6月 コンデンサ充放電式のスタッド溶接装置
平成 9年  2月 スタッド溶接装置
平成 9年  2月 スタッド溶接ピン及び母材に被覆材を添着する方法
平成 6年  3月 下げ降り重錘体
スタッド溶接用スタッドピン塗装面に溶接を可能にするスタッド溶接装置
スタッド溶接性能を改善する装置FTAC 二重管防火ダンパー用温度ヒューズ
FTAC 二重管用ベントキャップFTAC 二重管用給排気ダクト
FTAC 二重管用防火ダンパー歯根治療用消毒剤
DPナット引張り試験機防炎装置
予FTAC 二重管用同時給排気ファンスタッド溶接性能を改善する装置
スタッド溶接ピン予
意匠登録:吸排気用ファン意匠登録:ベントキャップ
意匠登録:ベントキャップ実用新案登録:マドラー
意匠登録:DPナット空欄